硝子戸の中

フィクションダイアリー
<< 村上友哉的【ASSTELLUS VIDEOLOG 100815-101121】その5 | main | 祝仲村みうグラビア復帰 >>
村上友哉的【ASSTELLUS VIDEOLOG 100815-101121】その6



タワーレコード近鉄パッセ店主催のイベントに、
アコースティック班で出た時の舞台裏です。
我らが小松さん(タワレコ近鉄パッセ店)が誘ってくれました。
シーンを見ていて思ったんですが、
確か僕が
「出る前にトイレに行きたい。」
と言っていて、
こういう会話をしていた記憶があります。
それに対して
またりょうじ(弟兼スタッフ)が、
たいして笑いも起きない
内容のない事を大声で言ってます。
兄弟の域をはるかに越え、
人として恥ずかしいレベルです。
お前、
「しょんべ」(小便の事)とか
言う奴まだこの世におったんやな。

これを見て
「明日、照らすはステージでは
挙動不審ですが、
楽屋は普通に賑やかでいいですね。」
と思われている方も
見えるかもしれませんが、
そんな事は全くあり得ません。
ゆたくん(the モールスシンゴーズ/明日、照らすアコースティック班)
もいたので、
この日の楽屋は終始にこやかにしていますが、
いつも僕はライブ前、
楽屋で人とできる限り離れて
黙って椅子に座っていて、
たまに思い出したかの様に
セットリストに何か(MC)をメモをしています。

「ライブの友哉は話し掛けるなオーラがすごい。」
柴山社長(ONE BY ONE RECORDS)

「はっきり言ってライブ前のお前は嫌いやな。」
茜谷有紀(i GO)

賛否両論ありますが、
笑いながらステージに立ってよかった試しがない気がするのです。
笑ってるのは見ているお客様だけで十分。

そんな決意を持って、
いつもステージに立ち、
大体『燃える夏』のアルペジオを間違えます。







カメラマン・村上了次(起工業高校卒業生)
| 村上友哉的【ASSTELLUS VIDEOLOG 100815-101121】 | 21:25 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
でも、そのようなオーラも覆しちゃう笑顔がたまりません。
ギャップです。
魅力的です。
殺られまくりです。


ps…観音様の回に書けなかったコメント。
でーだらぼっち(笑)
| y。 | 2011/10/04 10:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.asstellus.com/trackback/1631542
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE