硝子戸の中

フィクションダイアリー
<< MBF250 その2 | main | MBF250 その4 >>
MBF250 その3



『AMERICAN HI-FI/AMERICAN HI-FI』

この前の企画でライブ後に着ていたTシャツのバンド。
わざわざヤフオクで二ヶ月前くらいに買いました。
確かデビューは僕が高校1年くらいなので、
10年前くらいになると思います。
高校生の時、
僕のケータイの着メロは
このアルバムの『Flavor Of The Weak』を
ダウンロードして使っていました。
ダウンロードと言っても
当時はケータイの着メロも
そこまで発達していなかったので、
着メロは電話して
ケータイ会社が運営する公式サイトから
毎月更新される20曲位の中で
電話でダウンロードするか、
自分で作るしかなかったです。
そんな数限られた中に食い込んだんですから、
今思うと相当人気があったんでしょう。
それを裏付ける様に
2ndアルバム『THE ART OF LOSING』
が出る前に来日記念盤として、
日本限定のライブアルバムが出ました。

このバンドは曲自体は
爽やかですごく好きなんですけど、
『THE ART OF LOSING』ののちは、
ハードロックっぽい感じになり、
聴くのをやめました。
それまではジャケットやロゴも
おしゃれでかっこよかったのに、
この辺から
「うーん?」となります。
メンバーが辞めた事も関係してるんでしょうか?

あと
このバンドの特徴としては、
明日、照らすをやっている人間が
人の事言えませんが、
「あれ、
この曲前も聴いた事ないっけ?」
と思う位、
曲が雰囲気が物凄い似ています。
『Flavor Of The Weak(AMERICAN HI-FI)』と
『The Break Up Song(THE ART OF LOSING)』なんて、
「サビのメロディ似てるんだから、
せめてフレーズ変えようよ。」
とツッコミたくなります。
まあ両方、
大好きなんですけどね。

とりあえず
このAMERICAN HI-FIや
attention:(明日、照らすが唯一共演した海外のバンド)
もそうですが、
元ドラマーがギターボーカルになると
「FOO FIGHTERS好きにオススメ」
というコピーはやめるべきでしょう。
250円ならこのアルバムは、
全国民にオススメです。



【BOOK OFFに250円である確率】
70%

【ヤフオクでのTシャツの価格】
1000円
| MBF250 | 20:44 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.asstellus.com/trackback/1631637
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE