硝子戸の中

フィクションダイアリー
<< 【硝子戸の中に】30.フジサワさま | main | 【硝子戸の中に】32.y。さま >>
【硝子戸の中に】31.ダーヨシさま
ブログ1000回更新おめでとうございます!



印象に残っている記事といえば、SHAI HULUDをZIONに観にいった回でキマリ!

まさか自分自身が登場するとは思っていなかったので嬉しいやら恥ずかしいやら。



記事でも描写されていますが、村上さんの着ているテイシャツにはいつも注目しています。先日着ていたTEXAS IS THE REASON含め、マジでセンスがいいなと!MIKOTOのテイシャツはマジで羨ましい!



数ある中でもこのテイシャツはお気に入りだ!という逸品があればエピソードと添えて教えてください!





ダーヨシ





□□□□□□□□□□





ダーヨシさま



お世話になります。村上です。



またもや知人の登場で、

「もうここは知人しか読んでないのか?
質問ブログはメールでいいんじゃないか?」
といささか不安になって参りましたが、
今回もお答えさせて頂こうと思います。
いつも村上友哉の着るTシャツにご注目頂き、
誠にありがとうございます。
ファッションセンスは皆無ですが、
バンドTシャツに関しては、
こだわりを持っているので
「センスがいい。」
と言って頂けると大変嬉しいです。

僕も結局、
音楽に興味を持ち始めた頃、
アルバムのアーティスト写真や
ライブ映像で着ているTシャツを見ながら、
新しいバンドや
そのバンドの横の繋がりを
学んできました。
そういう思い入れがあるので、
今でも選ぶ時は
例え注目されなくても
人に見られる事を気にして買っています。



こだわりの一枚と言われると
最近だとボブログ3世のTシャツかも知れません。
ボブログ3世は1人で歌い、
ギターを弾きながら
足でドラムを叩く
アメリカのミュージシャンで、
ブルースのくせに
エピタフからリリースしていたので、
高校生くらいの時に
僕らの周りで少し流行りました。

5.6年前に
久々の来日を知って、
TOKUZOへライブを見に行きました。
いつものようにまず物販に行くと、
コピー用紙に手書き落書きレベルのジャケットの付いたDVDと
古着が段ボールの中に山積みになっていて、
段ボールの前に立ち、
「これは何だろう?」
と手に取ってみて衝撃を受けました。
ここから想像の話ですが、
おそらく彼は物販用にTシャツを持って来ていなかったので、
急遽日本に来てから適当に古着を買い漁り、
そこにプリントをして、
グッズとして販売していたのです。
多分間違いないと思います。
中を見ればメーカーも
アディダスやナイキ、
ピコさらには
聞いたこともないものまであり、
さらに衝撃を受けたのは、
柄やロゴやデザインに関係なく、
そのまま上に直にプリントしているので、
元々のTシャツの模様と重なり合って、
アート過ぎて、
一目見たらこれが何なのか
全く分かりません。
笑えたので買ってもよかったんですが、
この日はDVDだけ買って帰りました。
ライブも素晴らしく、
興奮冷めやらぬうちに
家に帰ってDVDを見てみると
ケースが大きくDVDと見間違えただけで、
ただのCD-Rでした。
しかも最近気がついたんですが、
こんな雑なCD-Rが
当時ちゃんとプレスして、
リリースする前の新譜だったみたいです。
彼なりの先行発売みたいな感じだったんですかね。

全てにおいて型破りなボブログ3世に
僕がこの日から
彼の大ファンになったことは言うまでもありません。



こんな思い出を経て、
先月ようやくオフィシャルのTシャツを
Yahoo!オークションで購入致しました。
海外から直接購入する術がなかったので、
オークションは邪道ではありますが、
この日を待っておりました。
嬉しくて買ってすぐに
パリさんに自慢をし、
今でも着るたびに
この日のことを思い出して、
本当に嬉しくなります。



そう思うと
今の僕にとって
バンドのTシャツは
好きな音楽を着れる方法だけではなくて、
こういった思い出をいつまでも
形として残しておく為の方法にも
なっているのかもしれません。
部屋に山積みに積んである
Tシャツ一枚一枚に
そんな思い出が詰まっていて、
毎朝着るたびに手に取ると
そのTシャツから
音楽が聴こえてくると同時に
その思い出も一緒に着るような
温かい気持ちになります。
だから今でも好きなんだと思います。

でも多分それは皆様もそして、
ダーヨシさまも同じですよね。

しかし最近、
バンドマンがバンドTシャツを着るのが
あまり流行っていないのか、
ライブハウスでも
見かける機会が減りました。

こんな僕からすると
対バンの際に
楽しみが一つ減ってしまって、
本当に残念な限りです。





コメントありがとうございました。
またお会いできる日を楽しみにしております。





村上
| 質問ブログ | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.asstellus.com/trackback/1632167
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE