硝子戸の中

フィクションダイアリー
<< さよならパリス 1st FULL ALBUM『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログのご案内 ※締め切りました | main | 遊雪 >>
月と六ペンス











三重からの遠征終わりで帰宅。
事前に
「今日打ち上げあったらどうするの?」
とばんと話していると
「そりゃ乾杯くらいはするよ。」
と珍しく出る気で、
そう思っていると
打ち上げもなく、
そのままばんと2人で帰ってきた。
(鈴木くん(サポートドラム)は三重残留)
今日はりょうじ(弟兼スタッフ)がいなかったので、
久々にばんと2人きりでの帰り道。
「会話あんのかな?」
と思っていたけどよく話した。
話題は基本的に
美味しかったお店とか
オススメの食べ物とかグルメの話。
僕は2人しかいなかったので、
喧嘩にならないように
気を遣いながら話していたけど、
ばんはお酒を飲んでいたのもあったのか、
えらく饒舌で
僕がお店や食べ物を紹介すると
「僕は好きじゃないなあ。」
とか
「食べたいと思ったことないなあ。」
とかそういう否定的な返しで、
途中から僕には正直ほぼ我慢の時間。
何が1番腹がたつかというと
常に漂う
「はいはい、
まだ友哉はそのレベルなんだよね。
それで満足できるんだよね。」の空気。
お前だって昼ごはん、
「いつもコンビニが多いよ。」
とか言ってたじゃねーかよ!
段々腹が立つのを通り過ぎて、
思わず
「お前、
普段からそういう感じで人と話してるのか?」
と普通に聞いてしまった。
ただ長年過ごしているので、
彼の考え方は分かっていて、
本当にこれを言ったら相手がどう思うかとか、
どう感じるかとは一切考えずに
会話とは
ただ話したいことを話し、
思ったことを伝える手段としてしか捉えられていない。
僕も少ないけど、
あいつは多分よっぽど友達いないと思うな。
あれじゃ無理だって。
よく結婚できたと思うよ。
あまりに酷い会話のラリーだったので、
途中でさりげなく、
「例えば音楽とかもそうだけどさ、
俺が一個だけすごく気を使ってることがあって。
何かっていうと
相手が好きなものを否定しないこと。
好きなら好きでいいじゃんね。
変な水挿したくないもん。」
と言うと
「ほんとにそう。その通りだよ。
それは良くないよ。」
と深く同意していた。
…おい、気付け、バカ!
お前のこと、言ってんだよ!
勉強のし過ぎで人の心を忘れた男よ!
(ばんは名古屋大学院卒業)
リアルにあいつの老後が心配。
ゲートボール場で
スコアのつけ方とか
チームの組み方とかで
遊びのない正論を言い過ぎて、
袋叩きにされるよ、きっと。
ただ1人になってそう思っていたけど、
ライブ後にばんが友達の女の子と話していた時、
「誰か村上にいい人(女の子)はいませんか?
彼の今後がすごい心配なんですよ。」
と話していて、
お互いでお互いの今後を心配し合ってたら
世話ないよなと思う。

今日は三重県松阪マクサでライブでした。
お越し頂き、
ありがとうございました。
名古屋にいる人間からすると
遠征って感じもしないけど、
久しぶりの友達にも会えたし、
前に三重に来た以来の方もいらしたみたいで、
来れてよかったなと
ライブをやりながらしみじみ思いました。
どうもありがとう。

もうこんな時間だし、
明日もライブだから寝ようと思うけど、
今日の朝はりきって干した
Tシャツがまだ干しっぱなしで
今から畳まないといけない。
めんどくせー。
え、何?明日、雨なの?
めんどくせー。


誰かいい人いませんか?




明日はさよならパリスin岐阜です。
岐阜の皆様、よろしくお願いします。




さよならパリス
『I LOVE YOU TILL I DIE』
レコ発記念ツアーin岐阜


9月11日(日)柳ヶ瀬ant

さよならパリス (名古屋)
ナルイカズチ
my young animal
hi
開演18:30
チケット¥2,000

info@sayonaraparis.com






写真・1枚も写真がないので、
畳む前のTシャツ達の写真。
| - | 01:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
赤い別珍の背景に高い天井。高いステージにテーブル席。あまりに普段と違うライブハウスに戸惑いました。音も天井へ抜けてくから響きが普段と全然違うし。ついハンバーガー頼んじゃったし。テーブルの向かい側には制服姿の女子高校生が座ってるし。なんか仲良くツーショット自撮りとかしててカワイイし。どーしたらいいんだ…どうにも落ち着かない雰囲気の中でのライブ鑑賞でした。が、、、しかし、、、

めっちゃ良かった!
いつもは人の頭越しにしか見えない演奏姿も余すところなく見ることができてなんだかゼイタクな気分になりました。赤い別珍と明日、照らす。
音も高い天井に気持ちよく抜けてゆく。最高!
| 植物 | 2016/09/11 2:57 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/09/12 3:37 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.asstellus.com/trackback/1632287
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE