硝子戸の中

フィクションダイアリー
<< 『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログ回答編(完全版)16.あづさま | main | 『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログ回答編(完全版)18.すさま >>
『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログ回答編(完全版)17.さよなら八角
さよならパリスのアルバム発売おめでとうございます。
購入して約一週間もう何周目かわからないくらい聞いています!10代のころ銀杏BOYZのアルバムをずっと聞いていた時のような感覚です。
しかし、音楽の幅が狭いのでSTAY/GOLDに出てくるバンドは全然わかりません。
普通であればその辺りを掘り下げていくのでしょうが、僕は七海ななさんを掘り下げてしまいました(笑)
ジャケットを見てめっちゃ可愛いと思ってググりまくりました!そして大人になんかならないでも見ました!さよならパリスの大人になんかならないでねが一層カッコよく聞こえてきます!
質問は七海ななさんとの撮影の時のエピソード、撮影に至るまでのエピソードを教えてください!言える範囲で大丈夫なので・・・
こんなファンですみません(笑)


| さよなら八角 | 2016/08/26 9:54 PM |




さよなら八角さま

お世話になります。村上です。

『I LOVE YOU TILL I DIE』、
ご購入頂きありがとうございます。
MVも視聴頂き、
ありがとうございました。
さよならパリスから音楽ではなく、
七海ななさんを掘り下げる。
これは冗談ではなく、
素晴らしい行動であり、
大正解です。
僕も今までそうやって
サブカルチャーの幅を増やしてきました。
例えばある日、
「多部ちゃん、
なんか最近気になるなあ。」
と多部未華子さんが主演した
舞台『わたしを離さないで』のチケットを買ったので、
「その前に話の筋だけ押さえておこう。」
と映画『わたしを離さないで』を観て、
「話はよく分からんかったけど、
この可愛い子は誰なんだ?」
とキャリー・マリガンを知り、
そこから
出演作を軒並み見始め、
『インサイド・ルーウィンデイヴィス』
を観た際に
「超いい!
てかこのルーウィン・デイヴィスのモデルになった
フォークシンガーがいるのか!?」
と繋がり、
原作本である
『グリニッチ・ヴィレッジにフォークが響いていた頃』
を買って読んでみました。
多部未華子さんから始まり、
デイブ・ヴァン・ロンク(原作本の原作者/フォークシンガー)へ辿り着く。
ただ可愛い女の子を追いかけていたら、
最終的に僕はフォークを聴いていました。
「風吹けば風呂屋が儲かる」
ではありませんが、
僕自身はこうやって入り口と出口が違う形になることが割と理想です。
しかし
キャリー・マリガンには一時期どハマりして、
少しも政治に興味はありませんでしたが、
娘役として出ていた
ゴリゴリのイギリス政治ドラマ
『奥様は首相』まで観ていたくらいです。
しかし
キャリー・マリガンは
よく見ると顔は香里奈さんにそっくりで、
今更、
香里奈さんも気になり始めました。
作ってる側がこういう人間なんですから、
受け取り側が同じ道を辿るのは
ある意味では本望です。
なのであまりお気になさらないで下さい。

申し訳ございません。
自分の話が過ぎました。

ご質問頂きました七海ななさんとのエピソードですが、
こちらに関して
「よくぞ聞いてくれた!」
という気持ちが強いです。
むしろ
「なぜ誰も聞いてこないんだろう?」
と疑問にさえ感じていました。
ありがとうございます。
僕が事務所に直電し、
社長様に直談判し、
最終的に
あのCDジャケットまで繋がりました。
ある意味ではCD制作で1番頑張った部分と言っても過言ではありません。
本当に色々ありました。
お話したいことが沢山ありすぎて、
僕もどこからお話したらいいのか、
分からないほどです。
しかし
実は年明けの1月のレコ発ライブ前に
当ブログで行う予定である
村上友哉1人インタビュー記事
『インサイドさよならパリス』で、
CDジャケットと歌詞カードについて、
MVについて、
ライブとツアーについて、
などの3本立てて何となく書くことを考えており、
その際に七海ななさんとのエピソードをふんだんに盛り込むつもりです。
大変申し伝えにくいのですが、
その時までお待ち頂けますでしょうか?

ただ待たせるだけでは
申し訳ないので、
まだ関係者しか知らない秘密を
さよなら八角さまだけ先に
お教え致しましょう。
本当にまだ秘密にしておいて頂きたいのですが、
実は次回のさよならパリスMVの主演は、
七海ななさんです。
監督・脚本は僕とパリさんで別々の2本立ての予定で、
現在は日程の調整をしています。
何の曲になるのか、
どんな内容なのか、
合わせてお待ちいただければ幸いです。


コメントありがとうございました。


お会いできる日を楽しみにしております。





村上
| - | 13:20 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.asstellus.com/trackback/1632313
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE