硝子戸の中

フィクションダイアリー
<< 『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログ回答編(完全版)21.あんずさま | main | 『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログ回答編(完全版)23.夏目さま >>
『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログ回答編(完全版)22.ぽちさま

こんばんは。

さよならパリス『I LOVE YOU TILL I DIE』発売おめでとうございます。
ツーピースでパンク、かっこいいです。
MVで着替えまくっているTシャツのバンド、全然わかりません。
村上さんの私物でしょうが、たくさん集めていらっしゃいますね。

「泣くな、新栄」のブログ、毎回更新を楽しみに拝読していました。
フィクションかノンフィクションか、どちらともとれる自分語りな小説風で。
ワクワクしながら読んでいました。
文章が本当に上手!楽しかったです。

で思い出したんですが、10年以上前は、銀杏BOYZの峯田くんのブログをよく読んでいました。
「峯田和伸の★朝焼けニャンニャン」
ツアー中の骨折や事件、読み返してみて、超懐かしいです。
青春の記録ですね。

さて、質問ですが。
おすすめの名古屋飯は何ですか?
名古屋を訪問した時の参考にさせてください。

ほんとはシリアスな質問を2こ書いて消しました笑。
それはまた次の機会にします。
文章を書くのに慣れていないのでここまでの短文に、時間がかかりすぎました。

村上さんのライブは数えるほどしか伺っていません。
が、次にお会いできる時は名乗ろうと思います。

お体に気を付けてご活躍ください。
では失礼します。


| ぽち | 2016/08/31 1:33 AM |




ぽちさま

お世話になります。村上です。

『泣くな、新栄』、
ご閲覧頂きありがとうございました。
最近はあまり書かれていませんが、
僕も『峯田和伸の★朝焼けにゃんにゃん』をよく読んでいました。
本当に『硝子戸の中』当初はもろにその影響を受け、
今読み返すと
「オーマジュレベルを超えたほぼパクリじゃん。
文体泥棒じゃん。」
と恥ずかしさすら感じます。
僕自身は『ライ麦畑でつかまえて』を目指して書いていましたが、
あれはただの峯田和伸フリークの作文です。
途中からそれに僕も気がつき、
試行錯誤を繰り返した結果、
『ライ麦畑でつかまえて』から、
今のような
向田邦子風高校生作文に落ち着きました。
日記や小説に出てくる場所に行ったり、
出てくる音楽を聴いたり、
食べ物を食べたりするのが好きで、
峯田和伸さんの日記を読んで
pinko pinkoを聴いてみたり、
実際にラーメン屋さんに行ってみたりして、
日記以上にその世界を楽しみました。
そういう実際に体験できる楽しみ方がある
日記やエッセイが好きなので、
「1人くらい興味持ってくれたら嬉しいなあ。」
と自分が書くものにも
極力は具体的に
お店の名前や場所、
作品名を書くようにしています。

そういえば先日、
東京に行った際に青山にいたので、
「向田邦子さんが昔住んでなあ。」
と思い返し、
憧れの彼女が住んでいたマンションに実際に行ってみました。
南青山第一マンションズ。
東京メトロ・表参道駅A5すぐで、
むしろ駅を出て見上げると
駅の上にマンションが建っているような立地で、
「すごいとこに住んでいたんだなあ。」
と中を覗いてみると
生活感の溢れる
ママチャリや子供の自転車が立ち並び、
「意外に普通くらいの家賃なのかな?
さすが庶民派の向田邦子さんだけある!」
と思っていましたが、
隣にあった駐車場を見て驚愕します。
全て外車。
本当に止まっていた車の全てです。
最初見た時は「ここはヤナセか?」と思いました。
やはり今池とは格が違います。
このマンションに住める人たちは、
金持ち以外の何者でもありません。
そんな感じで辺りをうろうろしていると
マンションのフロントにいた係りの方が
近づいて来て、
「御用は何ですか?」
と聞かれました。

「向田邦子さんが昔住んでたと聞いて、
外観だけでもと見に来ました。」

「あー、確かに昔住んでましたけど。」

「やっぱりそうだったんだ!
なんか外の看板見たんですけど、
近々取り壊されるんですか?」

「そんな話はありますが、
まだ決まってません。」

「いやー、その前に来れてよかったなあ。」

「あの…。」

「はい?」

「ご用がないならすぐにお引き取り下さい。」

「いつ言われるんだろうなと思ってました。
すいませんでした。」

謝罪した後、
次は本気で怒られそうだったので、
すぐにマンションを後にしました。
本来ならその後、
向田邦子さんが好きだった和菓子屋の菊家に伺って、
水ようかんを食べてから帰りたかったのですが、
祝日はお休みで残念でした。
またもし今でも営業していたら、
向田邦子さんが妹と立ち上げた
小料理屋『ままや』にも行きたかったんですけど、
こちらは残念ながら現在は閉店しております。
ただ
外からマンションを見上げながら、
「どの部屋に住んでいたのかなあ。
何の本書いたのかなあ。」
と思いを巡らせるだけでも
ファンとしてはとても楽しい時間でした。

さてご質問にありました
オススメする名古屋飯についてですが、
『泣くな、新栄』の読者ということを考えると
すず家の味噌ヒレカツ定食がいいかもしれません。
https://s.tabelog.com/aichi/A2301/A230105/23000039/
実際、
トップウェーブ大須店はこの真裏にあり、
『泣くな、新栄』7.BOSSと僕
の中に出てくる
「隣のとんかつ屋さんに
「休憩に行ってこい。」
と言われて行ってみると
とんかつ定食が出てきたこともあり、」
というのはこのお店です。
ここからかなら近くに矢場とんの本店がありますが、
地元の人はとんかつを食べる場合、
こっちに行っていますし、
名古屋でも割と名の知れた名店です。
本当に紙やすりくらいの薄い衣のヒレカツで、
たくさん食べても胃がもたれず、
最後まで美味しく頂けます。
当時の僕は22.3くらいの年齢だったので、
この薄い衣のとんかつは
「なんか食べた気しないなあ。」
と思っていましたが、
この前久々に食べて
美味しさが分かりました。
とんかつはこれくらいでちょうどいい。
結局、分厚い衣のとんかつは衣の味です。

大須に伺う機会がありましたら、
すず家で味噌ヒレカツ定食を食べ、
隣の旧トップウェーブ大須店跡地ビルを見上げながら、
「村上はここでバイトしてたんだなあ。」
と思いを馳せてみてはいかがでしょうか?
ただし裏口から入り、
4階の事務所跡地に行くのはおやめ下さい。
今では違う店舗の方が営業されてますし、
もし運悪く、
店員さんに見つかり、
何をしているのか尋ねられた際、
「昔、
村上友哉がバイトしていたと聞いて、
内観だけも見に来ました。」
と答えたところで、
「村上友哉って誰?」
と警察に通報されて終わりです。



コメント、ありがとうございました。


またお会いできる日を楽しみにしております。




村上

| - | 13:45 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.asstellus.com/trackback/1632318
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE