硝子戸の中

フィクションダイアリー
<< 『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログ回答編(完全版)22.ぽちさま | main | 『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログ回答編(完全版)24.あきこさま >>
『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログ回答編(完全版)23.夏目さま
村上さん、こんにちは。
さよならパリス1stリリース、おめでとうございます。

私が最初に聴いたさよならパリスは「サブカルチャーガール」です。
明日、照らすを好きになってCDを買い集め、
“もっと曲聴きたいなあ……さよならパリスっていうのは何なんだ?”
と思って検索しましたところ、自分が購入したコンピ盤『今池午前2時』に楽曲が入っていることに気づき、
慌てて聴き直したという思い出があります。

過去の質問ブログを読んで、
「良いなあ、自分の質問に村上さんから回答もらえるなんて最高やん、また開催しないのかなあ」
と常々思っていて、

今回待ちに待った開催だった訳なのですが、
いざ受付が始まると、何をお訊きしようか考えすぎて31日です。
締切滑り込み、失礼します。

私は、大きな感情をリアルタイムで外に出すのが苦手です。
何気ないレベルならフワッと表面化しますが、
度合いが高すぎると真顔のまま表情が固まってしまって、
結果、近しい人にさえ「ドライだね」などと言われてしまうのが少し寂しいです。

村上さんは、誰かに感動を伝えたいとき、どうやって表しますか?

長々とすみません。
涼しくなってきましたので、ご自愛くださいませ。


| 夏目 | 2016/08/31 12:55 PM |




夏目さま

お世話になります。村上です。

さよならパリスに関する素敵なエピソード、
ありがとうございます。
大学生の時、
DESCENDENTSにハマり、
「もっと聴きたいなあ。」
と思った際、
DESCENDENTSのボーカルMILOが違うだけのバンド・ALLの存在を知り、
「ALL!?」
と慌てて、
『パンクオーラマ』
を聴き返した思い出と重なりました。

さてご質問頂きました
感情を伝える手段に関してですが、
今僕も割と同じようなことで
悩んでいます。
僕の場合は
『LINEスタンプ問題』です。
本来メールでは、
記号は。!?の3つしか使わず、
使って 笑 の一言でした。
ただどうしても上記の3つでは
笑っているのか、
怒っているのか
メール自体に色がなさすぎて、
いまいち感情を伝えきれません。
でも
「あんまり男が顔文字、絵文字使うのもなあ。」
と思っていたので、
基本的に文章の終わりに笑を多用して、
これまでは
なんとなくやりくりしてきました。
そんな中、
最近始めたLINEの登場により
事態は一変します。
例えば女性とLINEをしていると
スタンプを多用に使用し、
可愛らしくアレンジされていることも多いのですが、
さっきも申し上げた通り、
「男が使うのもなあ」派の僕は、
最初はスタンプ1つ押すのにも
かなりの抵抗がありました。
相手の真意までは分かりませんが、
そんな風に白黒の内容のLINEで
やりとりしていくと
「村上、ノリ悪いな。」
と思われたのか、
もしくは
「こういうの嫌いなのかな?」
と思われたのか、
相手までかなり殺風景な白黒のLINEに
徐々にシフトチェンジしていきます。
ほぼ100パーセント。
バックの鮮やかな青空に映えない
白黒のメッセージが交互に飛び交うLINEは、
なかなか悲しいものがあります。
僕が言いたかったのは、
男が使うのもなあだけであって、
女性にはむしろ
顔文字、絵文字、スタンプを使いに使い、
「ほぼ怪文じゃねーかよ!」
みたいな文章が好きです。
「男っていうのはなんて見栄張りで、
悲しい生き物なんだろう。」
白黒化されたLINEを既読にするたびに
スタンプを押せない自分を
そう悔いていました。
そんな中、
後輩バンドマンの女の子と初めてラインをした日。
彼女は一発目からスタンプを押して来ました。
彼女には
「村上さん、
ライン始めたら教えて下さいね。」
と前々から言われていて、
割とLINEを始めることを待っていてくれた方だったので、
僕もついにスタンプを解禁します。
おほしんたろうのおっほスタンプです。
いつかのために買い置きだけしておきました。
満を辞してスタンプを押し、
既読を確認したのち、
ドキドキしながら待っていると
返信された文章を見て、
僕は驚愕します。

「意外とライン、楽しまれてますね!」
(スタンプなし)

えーーーー!



「違う、
違うんだよ!
全然楽しんでないから!
むしろその逆で
LINEと言う名の足かせに縛り付けられてるっていうか、
LINEを通して自問自答してるっていうか、
そんな感じで、
大体、
俺さ、
今女の子に初めてスタンプ押したんだよ。
スタンプだけは買っといたけど、
使う機会なんかないからさ。
男が使うのもなあって思ってて。
ほらなんていうか、そんな感じなんだよ。」
今すぐ電話を掛けて弁明しようとしてる自分、
たかだかスタンプ1つで大騒ぎです。
とりあえず
「今初めて女の子にスタンプ押したんだよ笑」
と返信しておきましたが、
どうあがいても
「へー、
あいつってスタンプとか押すんだ。
あんなけ「男とは」みたいなこと言っといて、
意外に押せるタイプなんだ。」
と思われていることに変わりはありません。
結局、
あれ以来スタンプを押すことが怖くなり、
今では徐々に白黒化していく
彼女たちの文章をただ見つめながら、
「こんな思いをするくらいなら、
世界中、
今すぐ手紙文化に戻れ!」
と心の中で泣いています。

なので
最近では振り切って話し言葉で、
メールやLINEをするようになりました。
驚いたら、
「わわわ!」
面白かったら、
「あははは!」
だったり、
文章もタメ口と敬語を交互に混ぜたりして、
ちょっとでも
感情が出るような工夫をしています。
こんな工夫をしなくたって、
スタンプ、顔文字、絵文字を伝えたら一発なんですけどね。

僕は自がヤンキーみたいな話し方になり、
前に申し上げた通り、
『かまし癖』(失礼な言い方をする癖)があるので、
初めましての人と会話する時は
年上下関係なく、
必ず敬語で話します。
また年下でも
必ず全員にちゃんか君付けで呼んでいます。
呼び捨てにすることはありません。
感情表現が豊かかどうかは分かりませんが、
こうやって
相手に最低限の敬意を払うことに気をつけています。
感動を伝える手段とは少しずれて来た気もしますが、
相手に最低限の敬意さえ持っていたら、
伝わるものは伝わるんじゃないかと
どこかで思っています。

それでも伝わらないなと思った場合、
思い切って口に出してみましょう。
「うわー、感動した!」
「ほんと泣けるなあ。」
女子高校生の対して笑ってもない時によく言う
「ウケるー。」
みたいに思われると悲しいですが、
多分、
口に出した言葉に引っ張られて
自然と表情も付いてくる気がしますよ。


コメント、ありがとうございました。


またお会いできる日を楽しみにしております。




村上
| - | 13:50 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.asstellus.com/trackback/1632319
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE