硝子戸の中

フィクションダイアリー
<< 『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログ回答編(完全版)26.ダーヨシさま | main | 『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログ回答編(完全版)28.のりさま >>
『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログ回答編(完全版)27.晴子さま
村上さん、こんばんは。
このたびはさよならパリスのアルバムリリース、まことにおめでとうございます。
発売日には文字どおり店に走り、帰りの電車を待つホームでビニールを剥がして
車内ではずっとブックレットを読み、帰宅後は歌詞を見ながら
(そしてiTunesに表示されているシークレットトラックを見ないふりしながら)
イヤホンで聴き、と「CDを買った日の幸せ」をひととおり満喫いたしました。
その後日々愛聴ならびに時々愛唱する中、お蔭様で生活に彩りと潤いと勢いが増しております。

収録されている中では、「メリールウ」「大人になんかならないでね」
「かっとばせ!ロケットランチャー」「SAY NOS」が、
明日、照らすの曲なら「西海岸マーチ」「ザ・ワールドイズマイン」「浮雲」と、
知るきっかけとなった某ゲーム収録曲の数々が特に好きです。

さて質問です。
ジャケットの七海ななさんの、大変キュートでちょっとはすっぱなロック少女ぶり
(素はとても清楚で優等生っぽい女の子が、というところも含めて完璧だと思います)
によせて、インタビューでは「とにかく、革ジャン着てる女の人がすごい好き」と
おっしゃってましたが、他に「誰かがこれを着てるとグッとくる」服などおありでしょうか。
女性でも男性でも、また服以外の靴、アクセサリーなど何でも構いませんので
お気が向きましたらお答えいただけると幸いです。
私個人といたしましては、人が着てるTシャツを見るのがやたら好きなので、
「STAY/GOLD」のMVはごちそう食べ放題みたいな有難みを感じながら繰り返し拝見しました。

それではどうぞお元気で、楽しい秋をお迎えください。
素敵な楽曲の数々を、ライブでも聴けることを心より楽しみにしております。
お邪魔いたしました。


| 晴子 | 2016/08/31 10:57 PM |




晴子さま

お世話になります。村上です。

『I LOVE YOU TILL I DIE』、
ご購入ありがとうございました。
帰り道に思わずCDを開けてしまい、
家に着くまでブックレットを読む。
最高の楽しみ方をして頂き、
本当に嬉しいです。
実際、
ブックレットに関しても1ヶ月くらいの時間を掛けて、
何度も何度も推敲を重ねて作りました。
全ては晴子さまが当日行った行動の為と言っても過言ではありません。
僕もCD世代として
よくタワーレコード近鉄パッセ店で
CDを買っていたのですが、
レジでお会計が終わった後、
防犯ゲートを出てすぐに
袋からCDを取り出し、
エスカレーターで眺めながら帰りました。
エレベーターで帰ればいいものを
ワクワクし過ぎて、
じっとしてられなかったんですね。
行きはエレベーター、
帰りはエスカレーター。
これがいつもコースです。
そんなことを思い出しました。

さてご質問頂きました
『村上友哉の好きなファッション』についてですが、
あのCDジャケットはまさに理想の形でした。
晴子さまが仰る通りで、
素が清楚で優等生っぽい女の子が
ゴリゴリのパンクス姿になるという
少し歪さがあるところが、
割と僕の中での1番のポイントです。
さすが晴子さま、
目の付け所が違います。
そういう部分も踏まえて、
今1番好きなのは
気合が入ってない時のテイラー・スイフトさんになるのでしょうか。
アカデミー賞や何かの授賞式で着る
ハイセンス過ぎて、
逆にあんまり可愛くともセクシーでもない
ドレスではなく、
Instagramにあがっているような
ラフな服装で、
勝手なイメージなのかも知れませんが、
彼女はファッション自体に
歪さがあるので好きです。
MA-1にワンピースを着たり、
革ジャンに真っ白な
ふわふわのスカートを合わせたり、
軍人から
「君!戦場でそんな服装してからすぐに見つかるよ!」
と注意を受け、
パンクスからも
「せっかく黒で汚れが目立たないのに!
モッシュピットで一発で終わるよ!」
と言われてしまうような
本来のその服装の目的とは違った組み合わせ方。
パンクスが汚れが目立たないから、
革ジャンを着てるかどうかは分かりませんけどね。
去年は道を行けば
本当にそのような服装の方が多くなり、
嬉しく思っていました。

そんなファッションが好きなあまり、
ついに最近その度を越えてしまい、
自らそういう服装になってきました。
もちろんスカートやワンピースは
身につけませんが、
薄手のMA-1に
黒のスキニージーンズを履き、
アメリカンアパレルのトートバッグ、
キャンパス生地のコンバースと
部分部分だけ見ていけば、
最近の僕の服装は
もうテイラー・スイフトではなく、
金城学院大学に通う女子大生です。
買うTシャツのサイズもMからLへ。
やっぱり
大きめのTシャツにスキニージーンズは、
テイラー・スイフトの基本ですからね。
気分がいい日はロールアップまでしています。

そんな僕から
晴子さまにお願いがあります。
覚えていたらで結構ですが、
来年あたり度を越えて
ポケットの裏地が外に出るような
ホットパンツを履き出した際は
「さすがにやり過ぎですよ。
ここまで来ると歪み(ゆがみ)過ぎです。
せっかくのTシャツが頭の中に入ってきません。」
と是非ご注意下さい。


コメント、ありがとうございました。


またお会いできる日を楽しみにしております。





村上
| - | 14:05 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.asstellus.com/trackback/1632323
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE