硝子戸の中

フィクションダイアリー
<< 『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログ回答編(完全版)28.のりさま | main | 『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログ回答編(完全版)30.あおさま >>
『I LOVE YOU TILL I DIE』発売記念 質問ブログ回答編(完全版)29.えりさま
村上さんこんばんは。
さよならパリス1stアルバムリリースおめでとうございます。なかなか県外のバンドには疎いところがある秋田県民ですが、ちらほら周りの友人の口からさよならパリスの名前を聞くようになりました。いい!とみんなが言っていて、とても嬉しく思います。

さて、質問ですが、村上さんは「人疲れしたなあ」と思ったときはどう過ごされますか?また、気分転換には何をされますか?
夏の間普段より多く外出し普段より多くの人に会ったところ、どこか疲れてしまいなかなか回復しないので悩んでおります…

村上さんの言葉選び、感覚がとても好きで落ち着くので、もし村上さんならどうされるかな?と思いました。

さよならパリスや音楽とはかけ離れた質問で申し訳ありません。
これからも応援しております!


| えり | 2016/08/31 11:09 PM |




えりさま

お世話になります。村上です。

ご質問を頂いてからかなり時間が経っておりますが、
人疲れは現在では癒されておりますでしょうか?
音楽と関係ない質問を頂き、
逆にありがたく思っております。
音楽を語るたび、
「語れるほどの音楽かよ。」
と思い、
文章を語るたび、
「語れるほどの内容かよ。」
と常日頃から自問自答をしておりました。
なのである意味、
今回のご質問は
もちろんいい意味で息抜きの回です。
ありがとうございます。

人疲れ、大変よく分かります。
意外に思われるかも知れませんが、
普段の僕はそこまで人と話しません。
特にライブハウスに
自身が出演しないライブを観に行った際は
ほぼ無言で、
よほど親しい友人がいたら別ですが、
よほど親しい友人がいても
特に会話するわけでもなく
1人でふわっと帰ってくることがあります。
今日も先ほどまで
MOTHBALLというバンドのライブを観てきたのですが、
終演後、
誘ってくれたスタッフさんと二言三言お礼を言って、
すぐに帰ってきました。
別に帰ってきてもやることはありません。
映画を観るか、
本を読むか、
その2択です。
僕が住んでいる今池のアパートの近くで、
おそらく南米の方がシェアをして住んでいる
マンションがあるんですが、
今そこで宴会をやっているみたいで、
祭囃子と楽しそうな歌声が
遠くの方から聞こえてきます。
「あんな感じで生きられたら、
もっと人生楽しいだろうな。」
とも思いますが、
これから先、
僕が南米の血を引くことはないでしょうから、
叶わぬ願いと言えるでしょう。
しかし本当に半径200メートルくらいには
あの祭囃子と歌声が響き渡っていて、
「なんで通報されないかな?」
と疑問に思っているのですが、
「南米から日本に出稼ぎに来て、
慣れない国への疲れもストレスもあるだろうから、
たまの週末くらい楽しんでも
バチは当たらないよな。」
と僕も含めて思っているのか、
定期的に開催されるこのお祭りが
中止されたことは一度もありません。

僕が人疲れした時、
結論から申しますと誰とも会いません。
「誰かに気を遣いたくないし、
誰からも気を遣われたくない。」
そんな気持ちが頂点に達した時の僕は
朝起きてからコンビニに行き、
2日間分くらいの食事や飲み物、
お菓子を買い込んで、
前日に借りておいた映画を観て、
ただただ一日を過ごします。
去年買った座椅子型のソファが
僕が同じ場所にいつも長時間座るので、
ちょうど僕のお尻の形に合わせて
沈んでしまいました。
それくらい動きません。
ただ夕方くらいに悲しくなってきて、
「俺はなんて孤独なんだ。
結局、人間とは孤独な生き物なんだ。」
と1人哲学的な思考へ向かいますが、
それははっきり言って
ただ言いたいだけで、
そういう気持ちに浸りたいだけで、
今の社会は携帯電話がある限り、
本当の孤独にはなりません。
それが分かってるからこそ
こんな生活を送れるんでしょうね。

僕にも言える事ですが、
人疲れができるえりさまの周りにはきっと
人疲れができるほどの人がいらっしゃって、
「もう誰とも会いたくないな。」
と思えるだけ
誰かに会える環境があるんだろうなと思いました。
それって振り返ってみるとお互い
結構幸せなことなんですよね。
昔、
僕の知人が
「本当に孤独な人は孤独を打ち明ける相手もいない。」
と言っていて僕もそんな気がしています。

人に会いたくないなら会わない方がいいと思います。
文章から察するに
きっとえりさまは人にすごく気を遣われる方なんでしょう。
僕に対してもすごく気を遣って頂いている印象があります。
その反動が1人になった時、
「なんかバカみたいだなあ。」
とふと首をもたげてくる。
その気持ち痛いほどよく分かりますよ。
でもそうやって
人と会わない時間を過ごせば過ごすほど、
人に会いたくなってくるものですから、
気長にその時を待ちましょう。
えりさまの周りには
秋田という一度も伺ったことがない場所で、
さよならパリスの存在について
話してくれる友人がいます。
明日、照らすだけではなく、
さよならパリスを知っている方は
音楽に対して常にアンテナを張り、
アンテナを張れる
イコール
音楽に対して愛情を持っている方だと思っています。
音楽に対して愛情が持てる方は、
友人に対しても愛情が持てるものです。
きっとえりさまの日頃の気遣いに気がついていらっしゃると思いますので、
その友情は
そんな簡単に壊れたりはしないと思います。
なので今はとことん
お一人のお時間を僕と一緒に満喫致しましょう。


コメント、ありがとうございました。


秋田の地でお会いできる日が来ることを楽しみにしております。




村上
| - | 14:15 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.asstellus.com/trackback/1632325
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE