硝子戸の中

フィクションダイアリー
<< 湯男奇行 | main | 観覧車 メリーゴーランド の中で >>
マママママジョリティ














昨日、
徳島から帰ってきてからは
ずっとチャットモンチーを聴いていた。
『majority blues』が沁みる1日。
夜はHUCK FINNで『廃墟なう♡』完全版の編集があるので、
まだ気が抜けない。
先週あげるつもりで
ショートバージョンが公開された時点で
実はある程度出来てたんだけど、
また僕がわがままを言って、
少しだけ手直しをすることになりました。
すいません、
もうちょっと待ってて下さい。
そして
黒崎さん(HUCK FINN)、
いつもまじですいません。
今は疲れてるけど心地よい疲れというか、
なんか今の気分に
体調はこれくらいがちょうどいいよねっていうか、
そんな感じ。

昨日の日記を書いた後、
徳島CROWBERでライブでした。
ご来場頂いてありがとうございました。
この前来た時もそうだったけど、
ちゃんと本当に聴きたいって思って
ここにいてくれてる空気が
フロア中にあって嬉しかったし、
ただ楽しかった夜。
いつもありがとう。
対バンも初めましての皆さんと
vespers(江上くん(CROWBER))で
江上くんが
「今日は利益ど返しでただ好きなメンツで組みました。」
って笑ってて、
本当にそうなんだろうなって思うような日だった。
つかさ、
いつも利益ど返しにさせてごめんよ。
でもおかげで楽しいよ。
さよならパリスは
ツアーっていうほどのツアーでもないけど、
今回のツアーでしっかり地元に根付いてるバンドとの対バンって
この徳島だけで、
そういう対バンって
東京とか大阪とかイベントにはないならでは楽しさがある。
その街の空気を吸って、
その街の生活のリズムで生きて、
その街の音楽を聴いて、
その街からライブハウスに出掛けて、
その街にまた帰ってくる、
そんなバンドマンが作る音楽って
ただぶらぶら街を歩いているよりも
その街を象徴している気がして、
その音楽を聴くと何となく
その街に勝手に親近感が湧いてくる。
ほんとにこっちの勝手な話だけどね。
今回は江上くんたち以外は
60年代の音楽が好きな女の子たちと
僕と同じように
海外のエモリバイバルを聴いてる21歳の子たちと
忍者。
忍者?
そう、忍者。
バンド名もTHE NINJAで本当に格好も忍者だった。
終わった後、
打ち上げで
「なんでコンセプトが忍者なんですか?」
と聞くと
「最初は相撲だったんですけど、
相撲シバリで曲作ったら、
一曲しか書けなくて忍者にしました。」
だって。
あははは、思い出しても笑える話。
なんで選択肢が相撲か忍者の2択なのか、
全然分かんないよ。
でも僕なんかがいうようなことじゃないけど、
曲はしっかりとしたクオリティの高い歌謡曲で
そこもまた素晴らしかった。
結論、
これは褒め言葉としてなんだけど、
徳島はちょっと趣味嗜好が歪んでる街。
だから好きなんだと思ったな。

ちなみにこのTHE NINJAでドラムを叩いているのが、
この前の質問ブログで名前を伏せて書いた
チャットモンチーの橋本絵莉子さんのお兄さんで、
ライブ後にお客さんがご丁寧に
本人にこの前書いた質問ブログを見せていたので、
打ち上げで
僕が謝るよりも先に
「ご迷惑をお掛けしたみたいで、
すいませんでした。」
とお兄さんから謝られて恐縮しっぱなしだった。
それがまた嫌味とかじゃなくて、
本当にすいませんみたいな感じで
本当にこっちが
大バカ者ですいませんでしたって話で、
そこから少しだけ絵莉子さんの話をした。
彼女が高校生の頃、
初めてライブハウスに連れて行った日のこと、
彼女がバンドに入れ込みすぎて成績を落とし、
両親から「バンドを辞めなさい。」とまで言われた際に
「助けて!」と
当時離れた場所に住んでいたお兄さんに
彼女が電話を掛けてきて、
すぐに実家に駆けつけ、
バンドを続けることを両親に説得し、
彼女にも
「高校生は学業を優先しなきゃダメだよ。」
と話し双方を取り持った
そんな話を教えてくれた。
話を聞きながら、
「えー、すごいなあ。
ほんとお兄さんのおかげで
今僕らはチャットモンチーを聴けるんですね。」
と話すと
照れくさそうに
「いや、あっこちゃん(チャットモンチー)のおかげですよ。」
と笑っていて、
じんわりと胸の奥が温かくなるような気持ちになりました。
でもそれ以上は極力深くは聞かなかった。
いい歳して
あんまり下世話心を出して、
こんな宝物のような話を
興味本位で聞くようなことじゃないと思ったから。
ただもしいつか絵莉子さんに
ちゃんとバンドマンとして会えたら、
この話をしたいなと思ってる。

帰り道は行き同様『湯女紀行』を観ながら帰る。
運転はりょうじ(弟兼スタッフ)。
運転席と助手席に兄弟が並んで座り、
下世話なアダルトビデオもどきを観ながら、
「うははは、グルメコメント、弱!
お刺身食べて
コメントが「うん。」だけってどういうことだよ!」
とゲラゲラ笑っている兄貴を
彼はどう思ったんだろう。
きっと
少しも尊敬なんかされてないだろうし、
誰かに話したいエピソードなんて
1つもないだろうな。
ただあいつも事故りそうになるくらい
「ははは、
でも今浸かってる温泉のお湯になりてー!」
って死ぬほど笑ってたけどね。
いつもありがとう。
今日もお疲れ様。




次回ライブ

11/13(日)大阪 一三ファンダンゴ

さよならパリス
『I LOVE YOU TILL I DIE』
レコ発記念ツアー in 大阪

出演
さよならパリス
SOUTH BLOW
イヌガヨ
THE キャンプ

開演 18:00/前売り 2,000円(DRINK別)

チケット予約
info@sayonaraparis.com








写真・vespers。結婚おめでとう。
| - | 18:00 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
ど返し??
度外視??
| やましゅん君 | 2016/11/07 11:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.asstellus.com/trackback/1632343
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE