硝子戸の中

フィクションダイアリー
<< 10月11月弾き語り予定 | main | STAY CRAZY/FOREVER LOVE 2『雷屋』 >>
STAY CRAZY/FOREVER LOVE 1『メラニー・ロラン』

『メラニー・ロラン』


深夜0時を越えた時間に見ている
Yahoo!オークションほど怖いものはない。
その時間帯で迷った場合、
勢いに任せて知らない間に
落札ボタンを押していて、
朝起きて平常心になった際、
ケータイの落札の通知メールを見て、
驚く事が多々あった。

映画『男はつらいよ』全巻DVD BOX SET

バービーボーイズ アルバム全タイトル

キン肉マン完全版 全巻

あまちゃん Blu-ray BOXSET 全3巻

アニメ『うる星やつら』諸星あたるセル画



確かにいつか欲しかったし、
買ってそこまで後悔はしていないが、
別に今すぐ持ってなくても良かった物の数々。
その中で一際、
今すぐ持ってなくても良かった物、
というか
そもそも持ってなくて良かった物のぶっちぎり第1位が
メラニー・ロラン 直筆サインフォト。
確か3,000円くらいだった。
誰とも競わずに
ただ静かに1人だけのオークション。
一番要らない理由は
これが本物かどうかかなり怪しいところで、
アパートに届いた時、
普通郵便でペラペラの封筒に
B4くらいのサイズで書かれた
これが本物である証明書(カラーコピー)と共に
写真が裸で一枚入っていた。
またその写真の写りもあまり良くなく、
京都の嵐山や
原宿のタレントショップに置いてありそうな
目線が定まっていない
どのタイミングで撮ったのかよく分からない写真に、
左手で書いたみたいなラフなサインが
申し分なさそうに
ちょこっとだけ載っている。
値段だけ見て落札したので、
「そりゃこんな物、
誰も欲しくないよなあ。」
と一目見て持て余し、
一時期、
弾き語りの譜面台の中に挟んでいたけれど、
ライブの中にいくら見ても
彼女と目線は合わず
一向にテンションも上がらないので、
今では書かれたサイン同様、
アパートの玄関にダイソーで買った
B4サイズのポスターフレームに入れて、
ジョン・ウォーターズのポスターの隣で、
申し訳なさそうに並んでいる。

彼女を知ったキッカケは
クエンティン・タランティーノ監督
『イングロリアス・バスターズ』の中だった。
映画自体は
第二次世界大戦の話をベースに
3つくらいのサイドストーリーで構成されていて、
その中の一つに
ユダヤ人である彼女が
ニュース映画を見に集まった
ドイツ人を映画館で焼き殺す計画を立てる
女館長の役で彼女は出ていた。
かなりバイオレンスなシーンが目白押しなので、
好き嫌いがはっきり分かれる映画だと思うが、
彼女が煙草を吹かしながら、
喫茶店に座ってるシーンは
今でも目に焼き付いているくらいの衝撃だった。
可愛い。とにかく可愛い。
もう内容なんかそっちのけで
彼女のシーンばかり目で追っていたので、
内容はそこまで入ってきてないが、
クライマックスで真っ赤なドレスを着て現れた時は、
あまりの可憐さに息を飲んだ。
そこから見終わった後、
すぐに彼女が出ている映画を片っ端から1人コツコツと見始める日々。
彼女の素晴らしいところは
大体一本につき一回程度、
半裸もしくは全裸になるシーンがあり、
ストーリーと全く関係がなくても
水戸黄門の由美かおるばりに
半ばお約束として
ためらいもなく脱ぎに脱ぎまくっている。
そんな腹を括った
「はいはい、
私は脱ぎゃいいんでしょ、脱ぎゃ。」
と言わんばかりの割り切った姿に尚更、彼女が好きになった。
日が増すごとに
映画で観るだけで足らなくなり、
何か彼女の姿を手元に置きたくなった為、
写真集を探したり、
彼女のグッズを探したりした結果、
ついにフランス版のAmazonに手を出して、
彼女関連の商品を軒並み調べ上げた。
ただその経験から分かった事は
おそらく海外では日本と違って
女優の写真集やグッズを出すという概念がない。
好きな人を何かの形で所有したいという
コレクター気質は、
日本人が強すぎるだけなのかもしれない。
結局、
フランス語訳のアプリを駆使して、
フランス版のAmazonで買った
彼女が表紙の雑誌は僅か3ページしか写真がなかったし、
また同じくフランス版のAmazonで買った彼女のフォトTシャツも、
大きな会場こライブ後に外で
トラックの荷台から販売されている
ブートTシャツの方がまだしっかりしていそうな
ペラペラの生地のTシャツだった。
輸送費を考えると
届いた時のがっかり具合は想像を越えていた。

かなり言いがかりに近い
一方的な批判の話になってきたが、
そんな彼女を通して
KATE・NASH(『恋する30,000マイル』主題歌)を知り、
あまり好きではなかった
フランス映画を自ら観るようになった。

こうやって”好き”と”新しい好き”が繋がると嬉しい。
そんな事をもう10何年繰り返して、
いい歳して今でも”新しい好き”を探している。

という訳で今後、
誰かのその”新しい好き”の足しになったらいいなと
こんな感じでダラダラと、
僕の好きな人と物の話をここで出来たらいいなと思ってますので、
よろしくどうぞ。



追記:その後、
反省は全く生かされず
勢いで落札しかけた
アヴリル・ラヴィーンのサイン入り布ポスターは
他の方に落札されたおかげで、
買わずに済みました。
これが落札されていたら、
確実にぶっちぎりの第1位だったでしょうね。
大体、何で素材が布なの。
どこに飾ったんだろ、その人。

| - | 20:18 | - | trackbacks(0) |
この記事のトラックバックURL
http://blog.asstellus.com/trackback/1632365
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE