硝子戸の中

基本、フィクションダイアリー
<< THE BOYS OF SUMMER 6 | main | THE BOYS OF SUMMER 8 >>
THE BOYS OF SUMMER 7
レコーディング日誌
20190525


今日はベースとギターのリアンプの日。
僕とばんとレコーディングスタジオの予定を合わせると今日しかなかった。
およそ一ヶ月ぶりだから半分忘れかけてたけど、
今レコーディング中だった。
30歳を越えて思うのは日程を合わせるという作業が割と一番大変になってくるっていうこと。
音楽を仕事にしていない分、
生活あるし、
やることあるし、
バンドだけじゃないし。
それでも僕らが今までやってきたのはなんでなんだろうね。
多分きっとじゃなくて、
どう考えても誰かが観に来てくれたり、
どこかで誰かが聴いてくれたりするからだと思うよ。

このリアンプという作業がいまいち僕には分からないので、
ラインでばんに
「リアンプするのは分かったけど、
実際リアンプって何をやるの?」
と聞くと
「ギター録りで使ったアンプとエフェクターを持ってきてください。」
と言われた。
彼とはもう会話にすらならないのか。
とりあえず持って行ったけど、
一回も使うことなかった。
よくよく話を聞いてると
リアンプというのはアンプから音を出して
また音を作るみたいな作業っぽい。
ん?彼は僕が録った音に信用できなかったのか?
相変わらずばんは小難しそうな顔をして、
顎を指で支えながら
「この曲はローがあった方がいいですよね?」
とか
「この曲のイメージはもっとミドルがあってもいいかな。」
とかそれっぽいことを言いながらだらだら話してる。
ただ山口さん(スプラッシュ)も
ちゃんと会話がラリーになっているところを見るとそこまで外れではないんだろうなと思う。
なんかバンドマンぽくって羨ましいなと思って、
僕もギターについて
「なんかもっとミドルがあった方がいいですか?」
とか言いたくなるけど、
過去に何度か言って、
山口さんに
「何の話をしてるんですか?」
という顔をされ、
ばんに
「まああとは山口さんがうまいことやってくれるから。」
とかムダに制されるだけなので、
黙ってることにしてる。
そういう見栄とプライドだけで
不毛なことはしないようにしようという
判断ができるようになったという意味でも
僕は30歳を越えたんだなと思う。

その後、
歌入れがあり、2曲だけ歌を入れた。
どこかで誰かが
ずっと聴いてもらえるような曲になるように
祈るような気持ちでただ歌った。
| - | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 7/18(土)CLUB ROCK 'n' ROLLの公演にてリクエスト募集の巻
    村上友哉 (07/27)
  • 最近のこと、これからのこと
    ハーコ (07/26)
  • 最近のこと、これからのこと
    モノ (07/26)
  • 7/18(土)CLUB ROCK 'n' ROLLの公演にてリクエスト募集の巻
    ゆ (07/19)
  • 7/18(土)CLUB ROCK 'n' ROLLの公演にてリクエスト募集の巻
    リカ (07/17)
  • 7/18(土)CLUB ROCK 'n' ROLLの公演にてリクエスト募集の巻
    り (07/16)
  • 7/18(土)CLUB ROCK 'n' ROLLの公演にてリクエスト募集の巻
    ひ (07/12)
  • 7/18(土)CLUB ROCK 'n' ROLLの公演にてリクエスト募集の巻
    わさび (07/12)
  • 7/18(土)CLUB ROCK 'n' ROLLの公演にてリクエスト募集の巻
    m (07/12)
  • 7/18(土)CLUB ROCK 'n' ROLLの公演にてリクエスト募集の巻
    さとみん (07/12)
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE