硝子戸の中

基本、フィクションダイアリー
THE BOYS OF SUMMER 19
レコーディング日誌
20200212


今日はMV『K』の撮影日 in 中部大学。
ここまで書くとものすごく簡単に見えるけど、
調整や打ち合わせ、ロケハン含めると長い道のりだった。
撮る人を決めるにあたり、
THE CAMPのMVを撮っていた佐藤さんにお願いする為、
まずは1月下旬に
今池デニーズで打ち合わせ。
そこから実際何を撮るかで、
日を佐藤さんと2人で改めてのロケハン1日。
メンバーの日程調整。
ロケハン後、
中部大学に許可の申請でやりとり数回。
全体的に奇跡的に色々噛み合って、
また中部大学さんのご好意もあり、
順調に進んだからよかったものの、
ある程度余裕が日程的にあったのに
最後まで調整がギリギリの中、
迎えた当日。

中部大学は僕の出身大学で、
この曲に出てくる『K』こと倉田と出会った大学でもある。
打ち合わせで話すまでは
夜の海とかスタジオの中とか色々考えてたけど、
佐藤さんと話す中で、
「それだけ曲のイメージが具体的であるのであれば、
実際の大学で撮影した方がいいんじゃないですか?」
と言われ、
それもそうだなと大学に協力をお願いすることに。
余裕で断られそうだと思ってたけど、
入試も授業もなく、
ここだけポッカリと日程が空いていて、
また卒業生だったことも、
なんで撮りたいか理由が明確だったこともあってか、
思いの外、ほんとにすんなり許可が出た。

朝9時に現地に集合して、
16時までお昼は食べたもののほぼ撮影をしていて、
なかなか疲れたけどスムーズだったと思う。
僕よりも広報の小島さんが1日付き添ってくれてて、
そっちの方が大変だったと思う。
この小島さん、
元々はラジオのパーソナリティもしていて、
市川崑にインタビューをした経験を持つ方。
僕からしたら市川崑なんて歴史上の人物だよ。
それを自慢するわけでもなく、
「ほんとに緊張し過ぎて1週間くらい寝られなかったんですよ。」
と笑っててチャーミングな人だった。

久々に大学の敷地に入り、
25号館の前に立った時に
卒業して13年経ったことがなぜか急に不思議に思えた。
ふと第三食堂の扉の向こうから
倉田や増田、仲表、星野、中森、岩ちゃん、石川くんが
「ともや、お前もう授業終わったよ。
単位大丈夫なのか?」
と笑いながら出てきても全然違和感がない。
でも今は当たり前だけど、
もうここには誰もいない。
なんかそんなこと思うことすら変だけど、
ふとそう思ってしまうくらい
すごく変な気持ちだった。
一番変な気持ちになったのは、
よく行ってた第二食堂のうどんと定食を盛り付けていた人が
全く当時と同じだったこと。
あれは流石に声が出そうになったよ。
お腹が空いたからと学校に着いて、
授業に行く前に
同時にここによく増田と来てた。
今違うのは増田がいないこと、
代わりにメンバーと佐藤さん、
てんこさん(quatrefoil records)と
いとうくん(THE CAMP)に
35歳の僕がいること、
うどんの味が変わったこと。
昔は関西風っぽくて好きだったのになあ。

正直、
大学での思い出なんて
別段何にもないと思っていたけど、
教室や食堂、渡り廊下、図書館を歩きながら、
本当に色々な事を思い出した。
大学1年生、
倉田とバンドを組み、
コピーバンドで学祭にデモテープを取って応募して、
審査が通ったものの、
2週間前にくらいになり、
「やっぱ出たくない!」
と倉田が言い出し、
変わりにスパルタンX(現 明日、照らす)で出たこと、
その日は昼間に豊橋の愛知大学の学祭にも出たこと。
授業中、仲表と話してたら、
「話すなら出てけ。」と言われて、
出て行ったら教授に追いかけられて、
「本当に出てくのか?」
と呼び止められたけど、
「いや、だって出てけって言われたんで。」
とそのまま帰った事。
スガキヤでラーメンをこぼして、
服がびしょ濡れになり、
渡り廊下に寝そべって乾かしたこと、
乾かなかったから中部大学のTシャツを買ったこと、
その渡り廊下で
増田が山田さんのことが好きなことを知り、
たまたま見かけた山田さんに
「あの増田が山田さんに興味あるみたいで、
山田さんって彼氏いるんすか?」
と聞いたこと、
あとから増田に死ぬほど怒られた事、
マクドナルドの前で
好きだった西垣さんとマックを食べたこと、
話してても住む世界が全然違い過ぎて
その時の気持ちを基に
『ビックマックルール』という曲を作ったこと、
図書館で「仮説を立ててそれを立証する」授業があり、
1人一冊参考資料を借りて立証する際に
みんなが『本能寺の変の真実』、『ピラミッドの謎』の謎解き的な本を借りている中、
何も考えずただ読みたいだけで、
『水木しげるのラバウル戦記』
を借りて、
「村上くんはこれ読んで、
何の仮説立てて、何を立証するの?」
と聞かれて、
「水木しげるは本当にラバウルに行ったのか?です。」
と答え、
内心、
「ラバウル行ったから書いてんだろ。」
と笑いがこみ上げてきたけど我慢したこと。
そしてその仮説がすぐに立証され、
途中で書くことがなくなったので、
「仮説はちゃんと立てないといけない事を学んだ。」
と文章を締め括り、奇跡的に単位がもらえた事。
こんな話を最初は
「思い出したんすけど、ここで〜」
「そういやー、ここで〜」
とかみんなに話しかけてたけど、
「へー。」とか
「ふーん。」とか
明らかにみんながダルそうに聞いていたから、
途中からはもう言わなくなった。
逆の立場ならそりゃだるいだろうなと思う。
僕もばんの出身大学で
「ここで研究をしててー。」
とか言い出されたら、
絶対無視するだろうしね。

撮影は順調に終わり、
あとは出来上がりを待つのみ。
撮影に向けて約三日のファスティングをしていて、
当日も天玉うどんのみのため、
終わった後一人でらけいこに行き、
がつん盛と野菜を食べたら、
思った通り、
胃が縮み過ぎてて帰り道で半分くらい吐いた。
もったいない!
自分でも思うけど、おかしいよ、この人。
注文する時はちゃんと食べられる分だけ頼むことを学べよ。



| - | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
THE BOYS OF SUMMER 18
レコーディング日誌
20191213


今日はてんこさん(quatrefoil records)とサシで打ち合わせ。
僕がインフルエンザになったり、
スタジオの予定が急に入ったりで
なかなか会えなかったから今日。
ほんとに今回はのんびりしてる。
レーベルが決まってない状態で、
レコーディングが終わり、
リリースは完全に自主にしようかなと思ってたけど、
調べたり、
他の人に打ち合わせたりしてる中で
色々めんどくさいなと思い出だして、
「僕らの感じが分かっててやってくれそうな人。
レーベルとしての機能というより
間に入って作業的な事をやってくれる人。」
がてんこさんしか思い浮かばなかった。
今回の作品では
今までもそんなにあった訳じゃないけど、
特に
音楽で一発当てたいとか、
夢を叶えたいとかじゃなくて、
必要な人に必要な形で音楽を届けたい
というイメージだけしかなくて、
これからは会社やどこかの組織にお願いするような
やり方が必要じゃないような気がしていた。
だってライブをめちゃくちゃやる訳でも、
プロモーションでばんばん動ける訳でもなく、
ただCDが出て、
思い出したかのようにライブをしてって、
そんなバンドのアルバムを出して下さいって、
お金出して下さいって
虫が良すぎるだろって思う。
だから今回全て自費。
てんこさんに持ち出しはないけど、
ジャケや内容以外のリリースに関わる全てのことをやってもらい、
出た利益を御礼として還元する。

今池のすし旬のカウンターに座り、
最近の何やってたのかの話をしながら、
本題を切り出した。
断られたらすぐに身を引くつもりだったけど、
前から話してたから話は早く、
まずいつ出すか、
どれくらいの規模までプロモーションするか、
その為に予算はどれくらいあるのか、
とまずはベースとなる情報から、
「じゃあまずここにお願いしてみよか。」
「あの人にアポ取ってみるね。
年内にはある程度まとめとかないとね!」
と話が進んでいった。
やっぱアミューズでも個人でもバンドの運営を担当していただけあって、
考えや情報がしっかりとしてるから、
聞いていて安心。
これであとは丸投げできる。
これからはアルバムの中身だけに集中しよう。
ただあの人はメモを取らないらしく、
「私、メモ取らないけど全て覚えられるの。
安心して。」
と2軒目の口八丁で
何倍目かのハイボールを飲みながら言っていて、
酔っ払っていたからそういうか、
まじでそうなのかだけ分からなかった。
つか思い出したけど、
この前打ち上げ終わって終電ないから
2人でタクシーに乗って、
僕が先に降りたから渡しといたお金のお釣り、
「あっ、神棚の横に置いてきた!」
って家に忘れてきてたじゃん!

結果、
てんこさんがやってるレーベルに入ることになり、
一応これから始まるリリースへ向けてのホームができた。

ってことになってるけど、
覚えてますか?


| - | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
THE BOYS OF SUMMER 17
レコーディング日誌
20191115

レコーディング最終日、
最後に手直しがいる曲の手直しと
最終確認、
あと曲順と曲間を決める日。
ここまで来るとあとは好みで
ダメなことなんか一つもないけど、
こうなった方がより好きかもレベルの話なので、
話していて、
「こういう感じどうですか?」
「でもこうなるよ。」
「ああ。やっぱ元ので。」
みたいな感じの会話が多い気がする。

曲順は前もって決めていて、
というかばんがある程度決めていて、
この曲順でいくかどうか、
最後のジャッジを任された。
ばんのテーマは
「つながりを気にしないで、
ただ流れでつまることなく最後まで聴けるアルバム。」
ということで、
実際リード曲にしようと思っていた曲が後半に来たり、
恋愛の曲の後に余韻なく違うタイプの曲が来たり、
つながりはないし、
脈絡もない感じがして最初は違和感があったけど、
聴いているとこれくらいがいい気がした。
ミックスが始まって、
色々と他のバンドのアルバムを聴き直していた時に
THE CLASHのアルバム『LONDON CALLING』の曲順がしっくりした。
代表曲である1曲目の『LONDON CALLING』は暗いレゲエだけど、
最後は70S全開のディスコチューン『TRAIN IN VAIN』で終わる。
あの脈絡のなさが心地よくてあんな感じになるならいいなと思った。

ばんが先に帰り、
フッキー(サポートドラム)と山口さんと3人でサブスクリプションについての話。
フッキーはまだサブスクはやってないみたいで、
僕と山口さんが
「いかにいいか」
「あの曲が聴きたい!と思った時に聴けるストレスがない生活を過ごしたくないか?」
「廃盤や激レア盤が高くて買えないけど、
サブスクならいくらでも聴ける!
しかも中古じゃないならちゃんとアーティスト側にお金も入ります。」
など良さを熱弁していた。
やっぱ明日、照らすもサブスクあった方がいいのかなあ。
自分も使うくせに自分のバンドがないのってどうなんだろう
と常々思っているし。
フッキーの気持ちが傾き掛けたところで、
「ただ音楽を真面目に聴きなくなるデメリットはあります。
死ぬ程あるからちょっと聴いて終わり、
とりあえずダウンロードして聴かない
とかまあまあありますから。
やっぱお金を払ってる感覚がないから。」
と話すと
「なるほどなあ。
デメリットもあるのか。
しかしそれは寂しいねー。」
としみじみ悩んでいた。
そうなんだよなー、
全然ちゃんと聴きなくなるんだよなあ。
自分の音楽がそうなることが悲しくて、
やってないとこもある。

帰り道、聴きながら車で帰る。
送ってもらうとダウンロードに時間掛かるし、
電波悪いとすぐ聴けないし、
曲毎に毎回選択するのがめんどくさくて、
帰り道に聴きたくてわざわざCDに焼いてもらった。
その時、
その時でベストな聴き方が出来たら、
それでいいかもなあ。



| - | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
THE BOYS OF SUMMER 16
レコーディング日誌
20191113

今日は新しいアー写撮りの日。
明日、照らすやさよならパリスでいつもお世話になっている三浦さんにお願いした。
ある日栄を歩いてた時に
なんとなく
「観覧車で撮ったらいいんじゃないか?」
と思い立ち、
前日前々日と
昼夜と2回前もって乗ってロケハンをし、
迎えた当日、
夕方と夜の境目、
マジックアワーを狙って昼過ぎから集まり、
写真を撮ってきた。
ちょっと時間があったので、
堀川の方へ行き、
何枚か撮ってからサンシャインの観覧車へ移動。
ちなみになんで観覧車かと言うと
初めから違ったけど、
僕とばんは性格も生活も服装も
今となってはまるで違っていて、
バンドというものがなければ
きっとここまで一緒にいなかったと思うから、
一つの箱の中に
全然違うやつが収まってたら面白いかなと思った。
さらにお互いつまんなさそうに座ってる感じ。
でもバンド(観覧車)に自分でやり(乗り)に来てるから、
好きだし、やりたいのは間違いないけど、
なんかそう思われるのが照れ臭くて
どんな顔したらいいか分からない、
みたいな写真になったらいいなって思った。
実際写真を撮る時も
ばんが何回かピースしてて、
三浦さんに
「あの、記念写真じゃないからピースやめてくれない?」
って注意されてて笑えた。
アー写撮りって照れ臭いし、気持ちは分かるよ。
僕もばんも基本照れ屋なのは割と共通してるかもなあ。

前日も一人で夜乗りに来ていて、
今運良くなのか、悪くなのか、
アニメとコラボをしているらしく、
観覧車の乗車特典でカードをくれてなんだかんだで
一人でも乗ってるからもう2枚持っていて、
「バイトの子で顔覚えてたら、
「アイツ、絶対このアニメ好きで来てる!」
と思われてますよ。」
と冗談で三浦さんに言うと
入り口でわざわざ
「トモヤくん、カードあげるよ。
ほら、集めてるやつ。」
とバイトの子に見えるように渡してきた。
だからやめてくれって。
お茶目な人だ。
三浦さんに会うと
次生まれ変われるなら三浦さんみたいな人になりないなといつも思う。
無駄な欲や卑しい生活感がなく、
本人は狙ってないけど、
ただただセンスが滲み出るクリエイタータイプ。
三浦さんは確実にご飯おかわり無料の定食屋で
お腹がいっぱいだったらおかわりはしない。
なんなら「ライス少なめで!」とも言えるタイプ。
僕は損した気になるから必ず2杯は食べるし、
「ちなみにこれっておみそ汁はおかわりできないんですか?」
とかも聞くタイプ。
書いてて恥ずかしくなってきた。

三浦さんもばんも初めてサンシャインの観覧車に乗ったらしく、
「しかしまさかおじさん3人で乗るとわねー。」
と最初はワクワクしたけど、
途中から下を見て怖がってて、
僕も一人で乗ってる時、
途中で怖すぎてあまり下を見ないようにしていたから分かる。
あれ、割と剥き出しだから上り出し怖いんだよなー。
でもいい感じで撮れた。

事務所に帰り、
撮ってもらった写真を見ながらみんなで話していた。
どれになるのか分からないけど、
改めて見ていると
観覧車や堀川で撮った写真ももちろんいいけど、
駐車場で車を出そうとお金を入れて、
下のバンが下がった後、
三浦さんがたまたま
「あ!ちょっと一瞬でいいから撮らせて。」
と言って撮った写真が一番良かった気がしてる。
こういうプロフェッショナルな人と一緒にいて思うのは、
事前に僕があれこれ考えて提案したものより
プロ側が思ってやった物の方が数段良かったりする。
レコーディングやアーティスト写真だと
作り手の
「やりたい」や「こう聞かせたい、見せたい」よりも
客観的に見えた良い所やその人達の強みを
ちゃんとパッケージするという視点って言うのかな。
これを持ってる事がプロフェッショナルの条件の気がする。

アー写撮りに向けてダイエットをしていて、
昼は軽く、
夜は鍋とエアロバイク生活だったから、
帰りに今池のピアゴに寄り、
値段を気にせずデラックス弁当を買う。
レジに並んでいると
横に置いてあったリスカの徳用チョコが目に入り、
それもまとめて買う。
レジを済ませて、
お店を出た瞬間、
無意識のうちに封を開け、
周りの目も気にせず、
徳用チョコをバリバリと食べ出した。
三浦さんみたいなタイプになるには、
今世は無理だろうなと思うよ。



| - | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
通販とティーザーに関して
各位

皆様、ご無事でしょうか。
日に日に状況は悪くなる一方で、
ついに緊急事態宣言が出たことを受け、
各レコード店の臨時休業が発表され、
新しいCDをお店で買うこと自体が難しくなってきた為、
このタイミングでネットでも
新譜『Permanent Collection』が買えるようになりました。
(4/22より順次発送)
下記、今回からお世話になる
Quatrefoil Recordsのサイトより
確認お願い致します。

qtflrecords.official.ec

そしてそんなどさくさに紛れて、
レーベルサイトで廃盤になる旧譜も販売致します。
明日、照らすの
1st シングル『MiD/燃える夏』、
1st ミニアルバム『素晴らしい日々』、
1st フルアルバム『それから』
2ndフルアルバム『あなた』と
村上友哉ソロ弾き語り・さよなら三角『女の子』。
期間限定ですけど、
2,000円以上で送料は無料です。
特典でステッカーも付けます。
(なくなり次第、終了)

ただ各レコード店のオンラインサイトでの購入は可能です。
各店舗共に特典でステッカーも付きます。

タワーレコードオンライン
https://tower.jp/item/5024951/Permanent-Collection

HMV オンライン
https://www.hmv.co.jp/artist_明日、照らす_000000000407069/item_Permanent-Collection_10742932

Amazon (特典なし)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0851KBTPT/ref=cm_sw_r_cp_api_i_aljKEb5EG80SZ


それに伴って買う買わんの判断はやっぱアルバム聞いてからじゃないと
とのことで、
ティーザーの公開です。


https://youtu.be/1uH5lTwEYjc

ばんが最近になって異常に
「ティーザー、ティーザー」って言ってて、
「トレーラーのことでしょ?」
とか思ってたけど、
今の時代はティーザーなんですか?
すげー違和感なく普通に言ってたけど、
あいつも最近知ったと思う。
分からんけど、
実際ばんも先月くらいまでは
「ダイジェスト」とか言ってたんじゃない?
ほんとかっこいいと思ってんのか、
あえて人に馴染みがない横文字使いたがる奴、
苦手だわー。
わざわざ日本人に伝える為にパンデミックじゃないって。
「感染がえらいことになる」
って言いましょう。

よろしくお願いします。



| - | 00:47 | comments(1) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE